パレット

俳優班と舞台班。現在地宇宙Six。

Witer Paradise 2019 ~ふゆパラ~ 宇宙Six公演

原くんを中心とした宇宙Six WinterParadis~ふゆパラ~の覚書。
こんな流れだったというのと、覚えてる限りの殴り書き。

記憶が間違っている可能性あり。10000字超えてしまった。

ここ変だよ~ということがあればツイッターか以下へコメントください。

https://marshmallow-qa.com/4seasons_911?utm_medium=url_text&utm_source=promotion

 

 

 

Winter Paradise 2019 宇宙Six セットリスト

 

f:id:rippleshyt:20191201235344j:plain

オープニング

惑星が4つ、下から扇風機を当てて浮いている。
暗転後アナウンスで客席へ呼びかけ&煽り。
このアナウンスは脚本監督:原嘉孝さん。
原監督、間や言い方にこだわって細かく指示までしていたとのこと。
「でも自分の時はうまくいかず何回も撮りなおしていた」Byりょうちゃん

 

サンダーバード

かっこいいイントロと共に4人横一列で登場。2019年のべつの時に着ていたピンクの衣装。スモークもたいてもらっていた。
「いくぞ!」って煽って、しょっぱなからガツガツ踊るのが宇宙Sixさんの良きところ。
大事な一曲目にサンダーバードの歌詞がもつ強さと宇宙っぽいテーマが宇宙Sixっぽい。
「5432 and 1 Get ready for the thunderbirds」の勢いがすごい好きだった。
くるくる変わるフォーメーションと自分たちの特技や身長を生かしたダンス構成。
「一曲目オリジナル(持ち)曲だと思ったでしょ。まだまだだね!」By江田ちゃん


FIRE BEAT-Rimix-

前のサンダーバードからの繋ぎが逸品。かっこいいダンスの流れが続いていくのがたまらない選曲だった。
ガッシガシに踊って、アクロバットして、なおかつサビ前にピンクの上着を肩から落として半分脱ぎながら腰を落とす低重心挑発ダンス。嫌いな人はいないと思う。
曲途中、りょうちゃん、江田ちゃん、幸大くんの順で交差アクロして、その後3人でそろってバク転(その時原ちゃんはラップパートを歌唱中)の流れが!
ラップの原くん見せ場でもあるし、あえてお兄たちがアクロをやるっていう決断をする宇宙Sixさんかっこいい。
キスマイの元祖振り付けのヘドバン(?)頭をぐるぐる回すふりはないけど、首を左右に振り乱す振り付けがあって、各々ちょっと乱れる髪の毛と首から顎ラインが覗くバランスが最高な4人。色気が半端ない。
あとりょうちゃんのジャンプが高くていつも見とれてしまっていた。

 

TAKE ME HIGHER

またV6に戻る!この曲がこの位置に来てるのはみんなで盛り上がって声出そうぜ!っていう。客席降りながら盛り上げつつ、煽っているの楽しかったなー。
誰でも知っている曲は強いよね!ってV6曲くると思う!
割と原くんは客とアイコンタクトしながら手を振っていた。

 

Rocket Spark

メインステージに戻ってロケスパ!見上げた空には銀河!
TAKE ME HIGHERから全員ずっと引き続き笑顔。
曲中メインステで踊りながらお互いの顔を見て笑いあっててHappyオーラが会場中にあふれてきらきらしていた。
客席もちゃんと振り付けの復習をしてきていたので、踊れていてそれも嬉しかったし、元の振り付けも途中に盛り込んでいたのが信頼の宇宙Sixさんだった。もとの振り付けのくるくるする動きが好き。

12/10リハ動画がUPされた!

j-island.net

それが終わると浮いていた4つの惑星を回収。
一度はらこたの惑星が上のほうまで上がって取れなくなっちゃって大変そうだった。
幸大さんは自力で頑張ってジャンプして取って、原くんは客席煽って応援してもらってからジャンプして取っていたのかわいかった。


和コーナー

着替えて一人ずつ登場。下は黒のパンツに上がメンカラの和物。
りょうちゃんが大扇子で舞って捌け、
江田ちゃんが小扇子で色っぽく舞って捌け、
コタさんが傘で舞い真ん中に傘を置いて捌け、
原ちゃんがその傘で舞い、傘を置いて後ろを向いて再度正面に向くとその手に篠笛。

 

Vanilla

原ちゃんの篠笛で始まるVanilla。
篠笛は桃山ビート・トライブで演じた小平太を彷彿とさせて、鳥肌が立った。篠笛から始める演出が天才。
その笛の音に他3人がそれに吸い寄せられるように真ん中に集まってから、最初の出だし全員でパッと正面を向き「Vanilla~」って始まる。
傘や扇子を使って舞うように踊りながら、魅せる演出。
そして最後に全員で中央から左右に分かれるように2:2で揃ってバク転。
そのバク転は多少崩れるようなことはあっても4人タイミングが全然ずれなくて着地タイミングも一緒。

2015年They武道クリエで無所4人が歌ってた曲がVanillaだった。
それを今、あえて持ってきて、この4人で、原ちゃんの篠笛から始めたこと。
Vanillaをセトリに入れた意味が2019年のココにある気がしてとても感動した。

一度、気づいたら扇子が原ちゃん手元になく、いつのまにかりょうちゃんが原ちゃんの扇子を持っていてりょうちゃんが前にいるタイミングで原ちゃんがりょうちゃんに触れて、りょうちゃんがノールックで扇子をパスする、ということをやっていて信頼というパフォーマンスを覗き見た気がしてちょっと嬉しかった。

 

UNIVERSE

8.8とは違う形で、というコンセプト。
持っていた傘を刀に持ち替えてシャキン!という音から始まるUNIVERSEは新しかった。8.8からまだ3か月とちょっとしか経ってないから。だからこそのこのカタチ。
思い出を同じ形で塗り替えるのではなくて殺陣という違うアプローチで過去も全部ひっくるめて「今」を魅せていた。
殺陣は4人それぞれで斬りかかっていくような感じで単独で戦う。原くんは斬りながら蹴りあげることもあってほんのりメタルマクベスを思い出した。あとセンターで刀をくるっと回して脇に挟むやつがすっごいすっごい好きだった。

それが映っているので是非。

j-island.net

VanillaからUNIVERSEの流れは、この一年舞台に立って表現方法を磨いてきて、その経験がこういう場に成果として表れるんだな、というまた新しい発見というか、2019年の総括というか。
年間18本舞台をやった舞台経験がこういうところで生きるんだな~。

 

祈り

江田ちゃんのソロ。江田ちゃんは和衣装のまま。
江田くんの甘い歌声と、途中に入るラップの低い声のバランスがものすごく良くてこの曲が合うんじゃないかと勧めてくれたりょうちゃんの抜群のセンスに脱帽。
メンバーを一人ずつバックにして踊る。バックのメンバーは全身黒で影のようで。
「どんなことでも~心だけ残して」まで幸大くん。向かい合わせで鏡のようなほぼ同じ振りをする。
「この町に溶け込んで~この心で胸に刻む」まで原くん。コンテンポラリーのような動きから江田くんの身体を撫でる振り付け。
「I miss you~探しに行く」のサビ部分はりょうちゃん。合わせ鏡のようなそれでいて意思があるような動き。サビはずっとりょうちゃんと踊っている。サビの部分の振り付けはりょうちゃんとのこと。他は江田ちゃん自身が振り付けたのかな。
江田ちゃんのダンスはやっぱり、首と腕と肩の使い方が秀逸だなって。

最後のほうに江田くんが歌う後ろではらりょがすれ違う演出があってその表情が二人とも切なくて大好きだった。
原ちゃんが江田ちゃんの身体を撫でるときの流れは後ろから右肩から腰に沿って手を這わせる。江田ちゃんの後ろから腕をわきの下から前方へ伸ばす、という絡み方もしていて仄かな色気がとても良きでした。
えだりょのダンスは私の語彙力では表現できないので割愛。りょうちゃんの肩から入る動き、というのが好き。


花の舞う街

幸大くんのソロ。お立ち台での幸大くん、赤いダッフルとても素敵だった!
ペンラの点灯演出があって最終日につれてうまくいっていたのがよかったなぁって。
敬愛する上田君のソロ曲を気持ちよさそうに歌い上げる幸大さん見てたらとても幸せな気持ちになった。最後の高音パートも声が出て伸びやかで最後に頭上に花びらを投げてにっこり笑うのずるいよなぁ。
幸大さんの歌う「花の舞う街」はとても明るい未来が待っていそうでとてもよい!


花言葉

白いジャケット衣装。この衣装大好き!中はラフな感じの白。宇宙ベストは着ていない。
中央から登場。捌けたばかりの幸大くんが歌いだしなので早替えすごい。
サマパラの振りと同じようでちょっと違う?サマパラの時はお花を持っていたので、今回は手振りが増えたし演出がちょっと違っていたかな。
原くんの足さばきがとても好きで、ついつい足元見ちゃうんだけどこれも優しそうな笑顔で歌ってくれているのでとても甘い雰囲気をまとうのが好き。


キミとのキセキ

甘い流れからの爽やかな曲。キスマイの振りを忠実にやってるような気がする。
この曲中もよく顔見合わせて笑っていたな~!基本はりょうちゃんがにこにこしてるんだけどそれに共鳴するように原ちゃんや江田ちゃんが笑顔がふんわり柔らかくなるのが好きで。
中合わせのりょたはら、初日はお互いのけぞるくらいに身を預けていたし2日目夜から原ちゃんが背中合わせのままりょうちゃんの頭を撫でていて、最高かわいい二人。
えだはらとこたりょでニコニコしながら手を合わせて前に突き出す振りがかわいいのなんのって。

26日昼までは指をとことこするやつが間違っていたらしく、宮田くんが来て教えてくれたので夜から直していた。
りょうちゃんはそのとことこする直前に前の江田くんかな?を見てにやにやしてから指をとことこしていたのがすごいかわいかったです!
あと指とことこするときに最前列に顔芸かます原くんとその最前列のお客さんの反応見ながら楽しませていただいてました!


One Love

スタンドマイク。途中でスタンドマイクにメンカラリボンで結んでいた布が女の子になるよ!
ほぼ原くんしか見てないんだけど、スタンドマイクを抱いて一周する振り付けで腰を合わせて一周する原くんに恋でした。絶対社交ダンスとかうまいやつだな~~~!
あとナチュラルに顔を肩口にうずめる癖があるみたいで、それもたまらなくて。
肩口に顔うずめた時、原くんは目を閉じてる感じだったのも感情が入って見えてよかったなぁ。
One Loveの手振りはそのままに、女の子にプロポーズする演出で指輪はめたり抱きしめたりっていう表現方法にしてくれてありがとうございました!ときめきがすごい。


喜びの歌

原くん最初の「いぇー!」の時にロッカーみたいにマイクを抱えて吠えてたの最高だったなー!女の子(スタンドマイク)を抱え込んで床をごろごろ転がりまわっていたのも激しくて(?)良かった。
原くんが見えない位置にいた時は江田くんを見ていたりしました。江田くんは女の子にたいしてとてもやさしく甘い。

 


DayBreaker

ついに!原くん念願の!DayBreaker!
原くんの「お待たせしました!!!」から入るの大好きだった。
うれしくなっちゃって客席走り回っている原くんをね、お兄たちめちゃくちゃ良い顔で見てるんだよ~(涙)
結局「熱くなれ!」は歌わず、「やっと歌えた!!!」って言うんだけどそれを見てまたお兄たちニコニコしててさぁ!
その空気感がとってもとっても良くて、客席も暖かくて、幸せな空間だったなぁ。
一度「やっと歌えた!」を言いそびれて「…あっ」ってなっててお兄たちに笑われてるのも愛しいの塊だった。(その日のMCでいじられていた)


MC

デイブレの楽しい雰囲気でMC入れるのが良かったー!
細かいMCは割愛。でも雰囲気良くて4人とも割とまんべんなくお話ししていて、話の流れで誰かが一人になりそうになるとそっと誰かが寄り添う、みたいなことを自然としていたイメージ。

新曲のコール&レスポンス練習は原くん主導で行われていて説明の勢いがすごかったんだけど、叫ばなくても会場全員貴方のどんな言葉も聞き逃さないから大丈夫だよ~って毎回思っていた。でも伝えよう、みたいな姿勢が好きだったなー。
説明が元気すぎて客席が思わず笑っちゃってた時に「なんで笑うの?」「原ちゃんまじめにやってるんだから!」ってちょっとオコだった江田くん。
でも26日夜からシフトして笑顔で「勢いがすごいのよ」とか「みんなもこれくらいやるんだよ?」と客席を優しく諭すモードに入ってオタクを従順に手なずける手腕を見せていた。
りょうちゃんが曲振り。2回くらい「宇宙のかなたにさぁ行くぞ!」って言っていた。
バズライトイヤーじゃん。宇宙Sixとスペースレンジャーかけてたのだろうか。りょうちゃんは突拍子もないことを言いがちと思われてるけどちゃんとりょうちゃんのなかでは話が繋がっていたりする。そしてこちら側も頭を素早く回転させる必要がある。


このコール&レスポンスの前にお着換えタイムがあって
基本は幸大くんのELF告知の間に着替えに行くんだけど日によって幸大さんのとなりに江田くんがいたりとか、りょうちゃんがいたりとか、一人だったりとかした。
原くんはコール&レスポンスを任されてるので一番初めに捌けます!

追記:

11/26夜公演で原くんが新曲説明時に塚田くんのことを塚本くんと言ってしまって、えだりょにめちゃくちゃどつかれていた流れの覚書。
「塚本くん」って言った瞬間に「お前…っ!」って言いながら中央にいた原くんを二人で上手に追い詰め、掴みかかるか叩こうとして、原くんが身をかがめて逃げる→膝をついて後ろを向いてる原くんのお尻をりょうちゃんが足の裏でガシガシ蹴る。(江田ちゃんは原くんの太もも部分に触れるか触れないかの距離でエアで蹴っていた)
幸大くんはお着換え中でした。

 

 

Make My Day

A.B.C-Zの塚ちゃん振り付け!テーマは「ノンストレス」!
塚ちゃん曰く「やまりょのダンス(振り付け)でストレス溜まってるでしょ?」(全部の音を取るから by原くん)
塚ちゃんのコメント、会場内で爆笑だった。塚ちゃんて悪気なく剛速球ストレート玉投げてくるの最高だよね!(でもりょうちゃんの振り付け大好きなんだな~~~)
ISLANDTVに上がるので見てくれたらわかるけど、出だしの歌詞「君と見上げる青い空が」で空を仰ぐメンバーのよい笑顔から始まる時点でもう100点満点。
そしてこの幸大さんの伸びやかな声から始まるのがとても胸に来る。
持ち歌(UNIVERSE・ロケスパ・Shine)とはまた違った曲調で、宇宙Sixの未来を歌うような曲にとても宇宙Sixらしい「かわいい!かっこいい!&アクロバット」振り付けをつけてくれて塚ちゃん本当にありがとう!

とても良いので見てください!(12/8UPしました!)

j-island.net


InaZuma☆Venus

塚ちゃんつながりからのInaZuma☆Venus!
客席でもわりと手振りできる人がいて楽しかったな~。一緒に踊れる曲をちょいちょい盛り込んで来てくれるのが宇宙Sixセトリのよいところ!
原くんは途中で次のソロ準備のために捌けます。

 

コバルトブルー

白いふわふわもこもこパーカーにぽんぽんがついてるお洋服。
まさかこの曲を選曲してくるとは思わずびっくりだったなー。

プレゼントボックスを下手に置く→そこからマフラーを取り出して自分に巻く→彼女に見立てたゴリラの女の子と階段に座る→寒いから自分の手を擦って温めた後マフラーを彼女に巻いてあげる→手を取って一緒に踊る→頬にチュッ→彼女を座らせる→振り返ったら居ない→一人でマフラーを巻いて思い出に浸る という流れ。

表情をちゃんと作って歌うのも、歌がうまいのも、原くんらしさが出てたし
頬にキスをするシーンは可愛くてひゃぁってなったのでとても良かったです!!!


Sexy Summerに雪が降る

サンタさん衣装!「プレゼント持ってきたよ~!」
めちゃくちゃかわいい30歳OVERの人たちがサインボールのプレゼント持ちながらセクサマを歌い始める。
2階にりょうちゃん、3階に江田ちゃんが登場。メインステに幸大くん。
原くんが途中から出てくるタイミングで幸大くんと通路へ。サインボール投げ。
基本はファンサ曲なのであまり踊らないけど原くんは割とちゃんと踊ってくれる。
決め台詞は原くんがおばたのお兄さんで「メリークリスマス!」。
セクサマはふゆパラだから取り入れてくれた若い曲だけどみんなとてもかわいかったし似合ってもいた!
最後はメインステージで原くんが決めポーズで締め!ここもおばたのお兄さんやってたなw

 

メリークリスマス

原くんの持っている袋からメンカラリボンのついたタンバリンがでてきてひとりづつ
「君はこれ!君のは、コレかな!君は…これ!」って渡して自分はド派手なタンバリンを使うw
タンバリン渡しているときりょうちゃんと幸大くんが「あはは!」ってずっと言っていて、原くんド派手タンバリン登場で突っ込む!という動きをしていた。
下手、上手にギュって集まりながらタンバリン重ねてシャンシャンしたり(というかシャンシャンって言う)途中原くんが「裏腹に」のハラにかけて変顔高速タンバリンをやったり、真ん中に4人でぎゅって固まって肩にもたれかかったり!
とても楽しくかわいい曲に仕上がってたなー!
最後に原くんが指名した人がサインボールをタンバリンの中を通しながら投げてみんなで「メリークリスマス!」っていうの。最後までかわいい。
最後まで甘くかわいくチョコレート菓子みたいな宇宙Sixさん。


Oh! my darling

私は一番りょうちゃんソロが好き。
りょうちゃんがこの曲を選んだこと、そしてとてもりょうちゃんにあっていたこと、あとは振り付けと演出の妙!すべてが良すぎて山本亮太がかわいい世界に感謝。
りょうちゃんのガツガツ踊るダンスも大好きだけど、30歳のタイミングでこれを出したのすごい。

赤いジャケットをジャニ持ちして出てきて、その場で着、最初の一音で動き出すりょうちゃんの軽快なダンス。
歌詞始まるタイミングで3人がバックに出てくるんだけど、その時笑顔でハイタッチしてからダンスに入るのがそれはもう仲間感があふれてて。ダンスは前半ストーリー仕立てで、サビはめちゃくちゃかわいい振り付け。
でも間奏はかっこよくて、後ろを向いてネクタイを咥えて正面を向きながらジャンプする振り付けとかがあった。
りょうちゃんがソロで笑顔で歌うのも新鮮だったし、笑顔で踊っている3人も素敵だったなぁ。

「本当の愛を知りたくて~Universe」は転んだりょうちゃんに気づいた3人が駆け寄って3人に立ち上がらせてもらって、顔を見合わせたり励まされて背中を3人で押してからの、「I got it,Wai-Wai tonight~」って入るのが最高のエモーショナルだった。

りょうちゃんが転んでいる時の原くん小芝居は25日は空を仰ぐだけだったけど、途中から煙草を吸うという芝居が入った。ちゃんと煙草を箱から抜くところから、火をつけて一服して空を仰ぐ、という一連の流れを丁寧に。役者原嘉孝さん。

あと毎回思うけどりょうちゃん転ぶのとても上手でドキッとするw


DIRTY,SEXY,NIGHT

りょうちゃんのソロで着ていたシャツにジャケットを羽織るスタイルで出てくる4人。
りょうちゃんがハットを最初もって踊って歌うひとにパスリレーしていく方式。

最後に江田ちゃんがハットを受け取るので被ったまま踊るんだけど目深にかぶると目が見えなくてそれもエロかった。(でもお顔は見たいという矛盾のオタ心)

DIRTY,SEXY,NIGHTはメタルマクベスで原くんがCASTのバックにつけなかったので
KAT-TUN曲で踊る原くんのレアなところが見れてよかった。
ダンスは基本KAT-TUNパートを踊りながらJr.の振り付けも混ぜて踊っている感じ。
足をスッと前に伸ばして撫でる振りがとても好きです。というか原くんの足が好きみたい。

斜めフォーメーションで原くんが歌うパート「止められないけど 優しくしてあげよう」の時、目力強くて、色気が半端なくて、たまらなかった。

 

~Follow me~

DIRTY,SEXY,NIGHTの後、カーテンの向こう側でシャワーを浴びる演出。
ジャケット脱ぎ、靴を脱ぎ、ネクタイを外し、シャツを半分くらいはだけさせてカーテンを開け再登場。
その瞬間にもう全員表情作りこんでくる。
腰を落として腰を振る体幹の強さ?みたいなものに信頼を置いているので「踊りだせば」と「騒ぎ出せば」の後の腰振り…!それはもう至極の一言。あと手(指?)を動かしている人といない人がいたのでどちらが正しい振付なのか教えてほしい。

間奏でカーテンの布を取って身体を包み通路へ移動して中央に4人で固まる。
原くんの表現するエロスは伏し目がちだったり流し目だったりして他3人とまた別表現なのがよいなって。
江田くんが原くんのシャツのボタンを外すという行為と、シャツから覗く原くんの胸元と腹筋はとてもよかった。
りょうちゃんも胸元と腹筋を披露してくれるんだけど、彼は脱ぐとすごいのでここぞとばかり見てしまった。えだこたは上半身の絡みもすごいけど、下半身も密着していていろいろすごかったです!!!!!


アイノオカゲ

うってかわってかわいいえだりょが通路中央にぎゅってする。
さっきまで色気振りまいてたのでかわいい二人に脳みそがバグを起こしそう。白い布にくるまってにこにこしながら横に揺れてる。
途中で3階に原くん2階に幸大くんが登場。青衣装に着替えてくる。そのタイミングでえだりょは着替えに捌ける。
戻ってきて名前コール&レスポンス。
りょうちゃん→江田ちゃん→コーティ→原ちゃん の順。
初日だけ名前で二日目から特長盛り込みコール。

「りょうちゃん!」\りょうちゃん/×2
「金髪!」\きんぱつ/×2

「江田ちゃん!」\江田ちゃん/×2
「にゃんこ!」\にゃんこ/×2

「コーティ!」\コーティ/×2
「アイドル!」\アイドル/×2

「原ちゃん!」\原ちゃん/×2
「ごりら!」\ごりら/×2

最後の原ちゃんがゴリラ呼ばわりされて怒るというオチが26日夜まで。

27日からは原ちゃんだけちょっと変更し

「原ちゃん!」\原ちゃん/×2
「イケメン!」\イケメン/
「山P!」\やまぴー/

となって、ご機嫌の原くんが「俺んちこい!」と喜ぶバージョンになった。

 


千年のLoveSong

ファンサ曲。ラップは変わらず原くん!
はらこたは上から降りてきて、一階後ろ通路から登場してきた。
この曲もお客さんが手を振り上げて盛り上がれる曲。

曲が終わると最初に出ていた惑星を再度浮かべる。

 

Shine

幸大くん「ありがとうございました。最後の曲です」って言って始まるShine。
最後を締めるのに相応しくかっこいい曲であって、覚悟の曲。
Shineも色んな想いがある曲で、その曲を最後に持ってきた。「0か100の世界で」って歌詞がずしんと来た。

ひとりひとり挨拶。
Shineからの挨拶の流れが、決意・覚悟・感謝・希望が響いてくるのが素晴らしかった。

 

アンコール Yes?No?

これはもう客席のコールが完璧で笑ってしまったw必ずセトリにInするYes?No?。原サンタがプレゼントした宇宙SixのTシャツを着ている。
客席に降りたりファンサしながらまんべんなく練り歩く4人。
客席が跳ねて飛んで盛り上がれるのはやっぱり楽しいし、4人も楽しげであった。
27日夜はアンコール出てきた瞬間から原くん涙ぐんでて、りょうちゃんと顔見合わせた時にりょうちゃんに泣いているのがばれて指をさされていた。

 

Make My Day

アンコールに新曲持ってくるの、初日はびっくりしたけど聞けば聞くほどいい曲で。
楽しくてHappyでこれからのアンコールの定番になればいいなぁ、って。
メインステージに集まって、後ろの裾をもってぴろぴろするのをちゃんとやる宇宙Sixさんのかわいさたるや。
初日だけ、幸大くんがファンサに夢中でぴろぴろダンスに居なくて3人に呼ばれている図、というのが、集合しそびれてしまったという感じではなくて、なんだろう、自分たちが楽しくて4人でこの振付ができるのが嬉しくて幸大くんに「はやくおいでよ!」みたいな感じで声をかけているような雰囲気に見えて。グッときた。

 

原くん26日夜はMake my dayの曲最後のほうで一瞬泣きそうな顔をしていた。

締めの再びの挨拶で25日夜原くん目頭抑えながら「嬉し涙です!」って泣いてた。

 

Wアンコール 手をのばせ

27日夜のみ

「俺たちにぴったりの曲です」で始まった手をのばせ。
亀梨くんが1月から不安がいっぱいだった宇宙Sixをバックにつけて5月の少年倶楽部プレミアムで披露した曲。
歌詞もぴったりだった。そして4人はきっとこの時のTV出演のこと大事に思ってるんだなって。 『今日の日が伝説になる』

 

感想

これはもう私が勝手に思っていたことなんですけど、4人になって初めてのコンサートで、どうなるんだろう、という一抹の不安をがあって。でもそれを吹き飛ばす本当に楽しいコンサートだった。この不安、というのは4人を信じていないというわけではなくて、こちら側が勝手に心が揺れていただけなんだけれど。

見たいものを見せてくれる信頼。

宇宙Sixの作りだすコンサートのストーリー性。今回は宇宙旅行のような構成とバラエティに富んだ演出に、りょうちゃんの振付、江田ちゃんの振付、それぞれの良いところが混ざり合って。

踊りに手を抜かないところやアクロバット。特に原くんと幸大くんは久しぶりにバク転に挑戦してくれたこと。魅せることができるところ。和演出やアダルトな部分。そして30代が3人もいるのに、「かわいい」を諦めないでいてくれるところ。

今の宇宙Sixの強みをふゆパラで表現してくれて、幸せでした。

 この1年色々あったのに、宇宙Sixの強さを示してくれて、ありがとうございました!

宇宙Sixなめんな!